Wednesday, December 30, 2015

Bommer Canyon ~ボマー・キャニオン~

 

 


The canyon was already in the shade around 4 o'clock and so very freezing! (These pictures do seem to be showing that ambiance successfully..)

A small rabbit saw me and quickly ran away to the bushes before I even noticed his existence.

Can't wait to come back in the season when everything turns green.

 

キャニオンは4時にはすでに日陰になってすこぶる寒さでした。(写真にその様子がうまい具合に映し出せたかと思います)

小さなうさぎが、私がその存在に気付く前に、素早く茂みの中へと逃げ込んでしまいました。

新緑の季節にまた来よう。

 

Tuesday, December 29, 2015

Irvine Ranch Historic Park - Katie Wheeler Library














Enjoyed exploring a part of Irvine Ranch Historic Park, Katie Wheeler Library.

It is located just across from the mall I occasionally run errands at. I just happened to see the sign the other day when driving through and got curious.

Sometimes I miss walking everywhere on the street rather than always driving. You find more interesting places by foot, while in a car, unknown places tend to stay unknown forever no matter how many times you drive on that road.

I later learnt that this is an original house location where the Irvine Family settled down in 1900s to evacuate from the devastation of 1906 San Francisco Earthquake. As the powerful landowner of Orange County, the city of Irvine was named after the Irvines, which in fact was the only knowledge I had about the family.

Anyhow, the original house was burnt to be completely demolished in 1960s and this building was replicated recently to be open as a public library. And "Katie Wheeler" is a descendant who was born and raised in the original home.

This heavy duty iron gate tickles my imagination; surviving the fire to be standing on the exact same place as then. The land next to the gate is a patch of orange grove, which must have dominated the whole towns and sceneries, covering acres and acres of lands to produce Valencia orange and citruses back in the days.

Well, I might return soon for borrowing some books or admiring the rose garden in the spring time.
One more thing I didn't know about: this library is entered as one of the OC's most haunted places!

アーバイン・ランチ・ヒストリカル・パークの一角にあるケイティ・ウィーラー図書館を散策。

たまに訪れるモールの真向かいにあるのに、表札が目に入り気になったのはついこの間のこと。
徒歩時代はもっと色々こういう発見があったものだけど、 車生活になってからというもの、同じ道を何度走っても、ずっと気づかないままのスポットがあったりして、その土地について知らないことが多かったりします。

さて、この図書館ですが、実はかのアーバイン家族が、1906年のサンフランシスコ地震の被害から逃れ、定住することになった家だと判明。オレンジ・カウンティの大地主であったアーバイン氏に因んでこの町の名がアーバインとなったわけなのですが、それ以外のことはまったく知らなかった私。

オリジナルの家は60年代に火事で全焼してしまい、図書館は最近になって建てられたレプリカだそう。そして"ケイティ・ウィーラー"というのはここで生まれ育ったご子孫の方の名前だったいうわけです。

この頑丈で荘厳たる鉄の門扉、火事から生き延びて昔も今も同じ位置に立っているのだろうな、などと想像を巡らせながらしばし眺めていました。門のすぐ隣りの土地に広がるのは小さなオレンジ畑。その昔、この地域一帯がバレンシアオレンジやその他の柑橘類の林だったなんて。
というわけで、また改めて本を借りに、春のバラ園を目当てに、出直したいと思います。

もうひとつ知らなかったこと・・・この図書館、OCの「幽霊のよく出るスポット」としても知られているらしいです・・。

Saturday, December 26, 2015

Winter Beach - Corona Del Mar - 冬のビーチ(コロナ・デル・マー)

 

 

The strong wind (assumed Santa Ana winds) has been bringing a cold winter air in Southern California.

Trees kept rustling since early morning but it stopped suddenly right before the sunset time. You know what that means? "Rush to the beach!"

Despite the inland's storminess, the coast was a pure tranquilily. The air was crispy clear.

Besides bougainvillea and palm trees ーthe tropic symbol, and never fading white rose, the scenery around the beach was very rustic and wintery.

 

サンタアナウィンドと思われる強風が、南カリフォルニアに冬の寒気を吹き込んでいる今日この頃。

早朝から木々のざわざわと寂しい音が途絶えなかったのに、夕暮れ時にぱたっと止まった。→「ビーチへ急げ!」ということだと解釈。

陸の荒れ模様に比べ、海辺は静寂そのもの。ピンと澄み切った空気。

トロピカルな雰囲気を演出する、ブーゲンビリアやヤシの木、そしてずっと枯れない様子の白い薔薇の存在を除けば、どこか寂しげで、すっかり冬だなあ、という情景のビーチなのでした。

 

Monday, December 21, 2015

Moving Clouds & Whispering Leaves

 

The sun hesitates to come out lately.

To see the season's transitions, I visit the park.

It takes many shutter pressing to get the sharp image because of the trenbling hands from the cold air and also mean winds' blowing the objects at the exact moment I try to capture.

Winter breeze whispers mischievously through the yellow leaves under shifting clouds.

Naked skinny branches against the airy cotton candy sky create a delicate sumi-e (ink wash painting) artwork.

They say it will bring some rains again tomorrow.

 

お日様は最近お隠れ気味。

季節の移り変わりを観察しにいざ公園へ。

シャッターを押そうとするたびに寒さで手が震えるのと、意地悪な風がまるでその瞬間を狙ったかのように被写体を揺らすのとで、なかなかシャープなイメージになってくれず、何度も何度もパシャパシャパシャ。

移り行く雲の下、黄色の葉っぱたちの合間をひそひそといたずらに囁く冬のそよ風。

剥き出しの細っこい枝とふわふわ綿あめ雲の浮かぶ空の対比ががまるで繊細な水墨画みたい。

予報では明日は雨とのこと。

 

 

Warm Winter Day

 

 

Cold, gloomy, rainy, but sometimes warm and sunny.

When going just a few miles further on the familiar route, there's something new there that makes you feel a little lost and strange.

Here's a vision of such a stranger.

 

寒く、薄暗く、雨天、ときどき暖かくて晴れ。

いつもの道をほんのちょっと先に行くと、そこは真新しい場所で、見知らぬ土地に迷い込んでしまったような、不思議な感覚に陥る。

そんなヨソモノビジョン二枚。

 

Thursday, December 17, 2015

Pink & White ~ピンクと白~

 

 

Dreamy soft pale pink toned rose quartz & pink tourmaline duet on hammered 14kt gold filled loop, connected to dainty chain to make this simple and romantic necklace.

Earrings are also made out of 14kt gold filled, starred by shimmering white Akoya pearl to give a dressy look.

Just posted on Etsy!

 

柔らかい薄ピンクが可愛らしいローズクオーツとピンクトルマリンでハンマーで質感を出した14金ゴールドフィルのリングを飾り、繊細なチェーンで、シンプルかつロマンティックなネックレスにしました。

イヤリング(ピアス)の方も、どちらも14金ゴールドフィル。主役の白いアコヤパールがドレッシーな雰囲気を演出してくれます。

Etsyにて販売中です。

 

Wednesday, December 16, 2015

Claw Setting Three Stones Necklace -爪留めトリオストーンネックレス-

 

 

Peach pink toned andesine stones set into sterling silver claw setting, joined by pearl teardrop to make a trio cluster. Simple, rustic and romantic appeal.

 

ピーチピンクの色合いが特徴のアンデシン。スターリングシルバーのクローセッティング(爪留め)。パールを合わせてトリオネックレスにしました。シンプル、ちょっぴりファンキー、ロマンティックな雰囲気です。

 

Sunday, December 13, 2015

Dreamy Beach

 

 

Despite the big cold storm from the previous day, the beach was surprisingly warm and the water was unusually calm. The water was beautifully sandwiched by the evening soft yellow toned sunlight and the reflection on the shoreline.

After a storm comes a calm. So true, and so is the vice versa: after a calm comes a storm. It rained heavily the next day.

Happy to have caught the perfect precious moment between storms.

 

前日の寒気を伴う大嵐に引き換え、ビーチは驚くほど暖かく、波は異例なほど穏やかでした。夕方のほんのり黄色い地平線とその反射で同じ色に染まった波打ち際が海をきれいにサンドイッチ。

まさに、嵐のあとの静けさ。そしてまた嵐の前の静けさ、もしかり。次の日はまた大雨だったのでした。

タイミングよくこんなきれいなひとときに巡り合えてよかった。 

 

 

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...