Wednesday, March 22, 2017

Kyanite Dream

 



Kyanite's cobalt blue is like sapphire's, but the display of fibrous layers creates the almost metallic glare that is quite unique and unlike any other stones.


Kyanite is fairly newly recognized gemstone in that it had been often mistaken, sold as sapphire or valued equally to sapphire over the past three centuries. 


I wanted to set this teardrop cabochon into something not too simple but a little tribal chic. I like how it turned out and one thing I learned during the stone setting is that special attention needs to be paid not to scratch the surface. Mohs hardness for kyanite is quite low (from a certain direction) compared to sapphire!!

I realized that this was my first time working with kyanite.



カイヤナイトのコバルトブルーはサファイアを思わせるけれど、その繊維質な層がメタリックな輝きを生み出し、他の石とは違った個性を放つ。


サファイアと混同され(売られさえもし)、あるいはサファイアと同等の価値として扱われてきた過去3世紀(18〜20世紀)。そう考えるとカイヤナイトとしての歴史はとても浅い。


このしずく型カボションはシンプルすぎず、少し民族風な雰囲気の出るデザインにしたいなと思ったのですが、まずまず満足な仕上がりになりました。一つ学んだのは、石留めの際には、引っかき傷をつけないよう細心の注意が必要だということ。(ある方向からの引っかきにおいては)サファイアに比べるとモース硬度かなり低めです‼︎

そういえは、カイヤナイトの作品はこれが初めて。

Tuesday, March 21, 2017

Library Day

 
 
   


Visited Newport Beach Public Library in the sunny morning.


I spent some time browsing around between bookshelves. Not in the mood for long fictions but something more poetic and spiritual...


Selma Mann's "Mourning Cloak" caught my eye. Easy reading yet a feel of deep sorrow sinks in.


Selma Mann became a poet when going through the loss of her loved ones and fight against her own illness.



Poems, poems everywhere

Poems everywhere I look,
whenever I listen,
whatever I feel.

Where have they been,
my word friends,
now a part of my very soul.

Maybe they were hidden,
until a volcano of grief and pain
burned away the mist.





ニューポートビーチの図書館を訪れた、とある晴れの朝。

本棚と本棚の間をうろうろ旋回。長編フィクションの気分じゃないし、何か詩的で心に響くものがいい。

ふと、セルマ・マンの「キベリタテハ」(蝶の名)が目に留まる。読みやすいけれど深い悲しみが心に染みる。

大事な存在を亡くしたことと、自身の闘病が、セルマ・マンを詩人にさせた。



詩、至る所に詩


何処に目を向けても、詩
何時耳を澄ましても、詩
何を感じようとも、詩

いったい今までどこにいたんだろう、
言葉の友よ
今となっては私の魂の一部

どこかに隠れていたんだろう、
悲しみと痛みの火山が
靄を焼き払ってしまうまで


Free Spirit Jewelry

 


Rustic, ethnic, free spirit inspired jewelry.

Peace sign symbol is embellished with copper toned pyrite, double strand colorful bracelet is accented with colorful mixed gems, and larimar chips hang upon unique half hoop.



質感、エスニック、自由な雰囲気を引き出したジュエリーたち。

ピースサインのブレスレットは銅のような色合いのパイライトでアクセント。2連のブレスレットはミックスストーンでカラフルに。そしてイヤリングはラリマーを吊るしたハーフフープスタイル。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...